Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復調

もったいない練習の後、好調時の感覚が完全に消失してしまった。

歩いていてもしっくりこない。

姿勢の悪さも自覚出来る程だった。

どうしようかと不安になる程ひどかった。

この1ヶ月ぐらいは練習できた分、常に筋肉痛もしくは張りがあったが、概ね好調だった。

ということは治療で緩みすぎたのか。

ということで接地時に体重を支える筋肉を補強運動で刺激。

翌日多少マシになったので今度は腕やら肩やら首やら体重を支える筋肉以外を徹底的に緩めた。

で、本日歩いてても分かる程の好調。

坂で走ったら肩や股関節の引っかかりが無く、かつ接地時に力が逃げる事もなかった。

3日間絶不調でトレーニングしてなかったので調子に乗らず95%の100mを3本で終了。

緩めるべき筋肉、締めるべき筋肉がより細かくわかってきた。

今までは「治療に行って2日後ぐらいに絶好調が来る」的な漠然としたピーキングだったけど、より細かい調整が可能になるかもしれない。
スポンサーサイト

競ると力む

日曜日だったが行った競技場が使えなくて坂へ。

前回いい感じだったので同じ場所で皆と走って調子を確かめようと思った。

100mを5本行ったが4本目まで全くダメだった。

夜走ると昼より体感速度が上がるのでその違いかとも考えたが接地の感触がまるで違う。

5本目は競うのをやめて流し気味にいったら一転して走りが良くなった。

原因は力み。

最後に300+100+100

走りは良くなったが悪い走り100m×4が効いて300mの後半はガス欠になった。

でもガス欠なりに踏ん張れたので良かった。

いつも一人で練習するため競争となると勝手が違ってしまう。

新たな課題。

もったない練習

競技場練習。

30歳以上で4継を組んだのでバトンパス練習をメインに行った。

真剣にバトン練習をするのは高校以来だろうか。

楽しく練習できた。

しかし終始走りは重く、治療に行ったので筋肉自体は調子が良いハズなのに。

ダウン前になって足元を見たら右のつま先が大きく外を向いていた。

あっと思ってチェックしたら骨盤も右に回転していた。

おそらく前日の仕事でズレてしまったのだろう。

調子が良いと思い込みアップ前にチェックしなかったので質の低い練習をしてしまった。

もったいない。

冬季練習終了

冬季練習の締めとして階段ダッシュを行った。

久々だったので足が合わず苦戦し、3本でオールアウトした。

まあ膝が上がり過ぎないような走りに取り組んで来たので階段は苦手になって当然。

しっかり乳酸を出しながら走れたので良し。

いよいよシーズンインが近づいてきた。

筋肉痛で坂

捻挫は軽傷で直線を走るなら全力疾走可能。

しかし筋肉痛絶賛継続中。

今日は坂で軽くマーク走。

スピードは出たけど筋肉の柔軟性が無いので無理せずトップスピード手前で流した。

一昨日の良い感覚が得られたので、本数も少なめで100mを5本で終了。

下り坂フライングスプリット30×3+100m流しで締め。

これでケツも筋肉痛確定。

明日は治療。



現実

ゴリマ化を喜んだ翌日の尋常じゃない筋肉痛。

スパイク履いてもダメージを受けなかったのではなく、スピードが出ていないだけだったようで。

とても走れないので公園でジャンプトレーニング。

立5段で12mぐらいしか跳べなくなっていたり、スケータージャンプで足首を軽く捻挫したりとがっかりの内容であった。

65kgまで増えていた体重も63kgに落ちていた。

厳しい現実。

坂deマーク

昨日スパイクで走りまくった割にほとんど筋肉痛にならなかった。

ということで坂練習。

昨日の動画を見てこのままではスパイクで全力疾走すると脚がついて行かなくなると思ったので今日はマーク走。

30m地点から6足長で10個置いてみた。

特に何も意識せずマーク上を駆け抜けたが、マーク通過後はギアが一段階アップ。

久しぶりに自分の最高速度が引き出せた。

しかも疲れないので100m歩いて戻って何本も繰り返した。

何本でも走れそうでキリが無いので200+100で締めた。

距離を伸ばして多少出力を落としても良い動きはキープできたので400mに応用できそう。

それにしてもスパイクで走ってダメージを受けず、坂でスピード出しても堪えない。

間違いなく筋肉が強くなっている。

体重も増えている。

ゴリマッチョ!

多県合同練習

今日は岡山県内外のチームで集まっての合同練習でした。

ロングスプリント陣のメニューはSD30×5 (300+150+100)×2

SD練習など何時振り?という感じだったけどスパイクを履いて怪我なくこなせた。

(300+150+100)は300を80%という設定だったがルールを守れぬ若者により90%

1セットめから半端ないケツ割れ。

そして15分後に2セットめというシビアさ。

全く走れそうになかったが37秒で走れた。

その後の150mは崩れたけど最後の100mは立て直して走りきれた。

ケツ割れ状態でも力が出るようになって冬季練習の効果を実感。

最後に追加された200mは成す術なく25秒かかりましたが・・・。

それにしても久しぶりに大勢で走れて楽しかった。

ケツワレアローン

今日も独り坂。

治療から何度か練習して、緩むべきところが緩んで締まるべきとこは締まった良い状態。

いつものようにアップして

300+100+200

押し寄せる疲労の中、腕振りやら頭の重さなどを駆使して登り切った。

今日も独りケツワレ。

子守

子連れで競技場に。

芝生で遊ばせて近くで軽く練習しようと思ったけど人が多くて断られ外へ。

昨日スパイクでけっこう走ったので今日は休みでいいかと気持ちを切り替えて子守に専念。

走り回る息子を観察していると、まず頭を前に出して重心を前へ移動させて身体を倒し、転けないように脚を回転させている。

腕振りなど殆どしていないけどちゃんと前に進んでいる。

勉強になりました。






「そろそろ帰るよ」「聞こえない」

新しい相棒



asicsがようやく硬いプレートのスパイクを出してくれたので購入。

色もチームカラーのブルー。

今日は紐の締め方などの打ち合わせをしながら150✖5

全力疾走ではないけどピッチが維持し易い様に感じました。

それを確かめるため少し長めの距離の
250+150を。

なかなかいい感じでした。

まだ少し足が痛いですが、馴染んでくれば大丈夫かな。

前のスパイクもそうでした。

フィットしてくればストライドも増しそうです。

緩み過ぎ

LEE先生の治療で疲労は回復。

治療前と比較するために月曜日と同じ坂へ。

可動域が広がって好調の予感がしたが、走り出してみると力が逃げる。

中臀筋あたりが緩み過ぎたようで体重を支えられない。

補強運動で締めてみたが絶好調にはならず。

100mの流しとダッシュを5本ぐらいずつやったがこれ以上良くなりそうにないので300行って終わることにする。

やや不調&向かい風の中、あえてクラウチングスタートからぶっこみヘロヘロになりながらゴール。

ヘロヘロと言っても以前のようなフェードアウト感は無く、減速を感じながらも最後までもがき切れた。

緩み過ぎて良い感覚が全て無くなったわけではなさそうなので安心して+100

可動域の広がった上半身で上手く浮きそうな身体を押さえられた。

今までは治療翌日が絶好調だったけど、少し変わってきているのかもしれないから色々試しながら治療のタイミングを探っていかねば。

断じて痔ではない

土日と練習しなかったので一人だけど追い込もうと決めて坂へ。

いつもどうりアップして300+200+100

とりあえず300から全開でいってみたら200終了時点で猛烈にケツ割れした。

ラスト100はフラフラでスタートしたが走り出してみると割といけた。

3本とも最後まで踏ん張りが効いた、というか出し切れた感があった。

昨年は最後にスーっと力が抜けていくような感じになることが多かったけど今日はしっかりと走りきれた。

その分ケツ割れは激しく練習時間の半分はケツ割れの処理に費やされた。

今日は一人だったが皆と追い込む時は「ケツいてぇ~」と叫びながら寝転がったりフラフラ歩いたりしているわけで、
一般人から見たら歩けないぐらいのスゴイ痔の集団なのかと思われかねん、などと考えながらダウンした。

たまには

子供を連れて動物園へ。

休みの日は走ってばかりなので、たまには。

息子はキングペンギンと並ぶ大きさに成長。

残すは皇帝のみ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。