Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余力を無駄遣い

やはり提示には上がれず20時過ぎに競技場へ。

皆すでにスパイク履いてガンガン走っています。

私はドリル(スキップ、ギャロップ等)をジョグで繋ぐアップで吐き気をもよおして合流。

150×2

MOTOくんとチャラヒップには離されましたが調子良し。

そしてMOTOくんの提案で久々の500へ。

300まではCHARA-HIP平坂が引っ張るという形で目標は70秒。

スタートからCHARA☆HIPがかっ飛んで行き、追いかけるもシューズが滑って足が流れそうだったので自重。

100mぐらいから動きが噛み合ってきて楽に進みだしました。

バックストレートではかなり余裕があり、残り200mからスピードを上げました。

しかし!動きが噛み合わなくなり足も流れてオモテタントチガウ走りに。

余裕があった割にバタバタ藻掻いて辿り着くようなゴール。

タイムは70秒でしたがウ~ム。

そういえばラストは骨盤を吊り上げる意識でいこうと思ってたのに忘れてた。

+100いってその後は60を5本ダッシュして乳酸を飛ばしました。

ケツ割れ状態でもしっかり走れました。

ダウンしながらOGA-Jと「やっぱり自分で走ろうとしたら駄目だね」と話しました。
スポンサーサイト

ガチの人お断り

昨日は浜でギャンギャンにいったので、今日は長めの距離をと思い神崎緑地へ。

しかし岡山市が設置した立て札が・・・。

「部活動等競技目的でのランニングは等は危険ですのでご遠慮ください」

足にやさしい良い練習場だったのに残念です。

我々に残されたのは緑地の横の地獄坂のみ。

200(頂上まで)×7

という私の提案に謙信が表情が明らかに曇りましたが無視しました。

無理なら途中で投げ出せば良いのです。

深く考える事はありません。

一本毎に尻、内転筋、腹筋あたりにズシッときました。

内蔵も揺れました。

距離が長い分、歩いて戻る休息時間も長くなるのでゲロゲージ80%ぐらいを維持して7本持ちこたえました。

走り方を変えたからか今までより急斜面を上手く登れた感があります。

特にラストは骨盤を釣り上げるイメージがハマりました。

言葉は変ですが綺麗に藻掻けたという感じ。

緩い坂やフラットでも試してみたいです。

素足というポリシー

久々の渋川。

中井くん、リンダ、謙信と私のカルテットで

60×8 100×6 150×2 200×1

全力。

低温、強風でも私は素足。

砂が湿っていたこともありスピードが出た。

支持脚の骨盤を前へ押し出すことで砂浜でも無理なくピッチが上がる。

距離を伸ばすと最後がかなり苦しくなるけど、リード脚を前へではなく、骨盤を上へ吊り上げるようにする(左右の骨盤を上下にずらすような感じ)とスッと足が抜けるしストライドが間延びしなかった。

いいな、いいな、これいいいな♫ と思った。

翌日は横腹と腰が筋肉痛。

さらに前進

中2日でウエイト。

閉館ギリギリだったので20分ぐらいしかできなかったがスクワットはガンガンにできたので良し。

100kg以上でもガツーンと跳ね上げれるようになってきたので、一瞬浮いて落ちてきたシャフトが当たる首と肩が痛い。

ゴリマッチョへ5cm前進。

スリル

競技場についたのが21時前だったため、予定していた練習はできず。

(150+150+150+150)r=150walk

アップもそこそこに一気に追い込んで終了。

走っているときは楽だけどゴール後はしんどい。

しんどいけど走りだせばスピードが出る。

ゴール後はさらにキツイ。

今そんな感じ。

おそらくスタミナは無い。

走りが崩れたらゴールまで辿り着けないであろうスリル。

千里の道も一歩から

中井くんと大学でウエイトしてメディシンボールを投げまくった。

ゴリマッチョという人生の大目標に向け2cm前進した。

変化

一週間ぶりの走練習。

輔コーチが来られて指導を受けました。

ベントオーバーからのスタートは相変わらず。

身体が起きてきてからスピードが上がるので加速区間で加速できていないということなのだと思います。

上体を地面に平行まで倒すと上手くいかないので次回からは少し起こし気味で構えて見ようかと思います。

スタートでは上手く行っていませんが、仙骨を拇指球の上に持ってくる感覚はスタートだけでなく中間疾走以降も体重移動がしやすいので自分に合っていると感じています。

まだまだ学ぶことは多いですが走りが変わってきました。

接地の感覚が軽くなり(接地時間が短くなった?)ピッチが上がりやすくなってきました。

400mもつのかどうかはわかりませんが・・・。

五寸釘

月、火と深夜まで残業したのは全て水曜日に競技場で練習するため。

にもかかわらず本日も深夜まで残業。

2日連続で帰りに公園でメディシンボール投げ。

藁人形に五寸釘を打つように恨みを込めて50投。

昨日より飛んだ気がします。

恨みを晴らして帰宅。

メディシンボール

ウエイトしたかったけど23時30まで残業。

暗闇のマスカット球場駐車場で夜空に向かってメディシンボール(6kg)を50投。

100投いったろうかと思っていましたが前日も日付を超える残業のためフラフラになり妥協。

眠た祭り。

あっさりと

150を9本走ったので情け容赦のない筋肉痛で目覚めました。

今日は輔コーチが来てくれる予定でしたが雪のため来れず。

倉敷も雪でした。

ランパン、ランシャツで100mのトライアルを行なう中学生に狂気を感じつつ厚着で練習しました。

芝生で謙信と技術練習。

謙信に教えながら自分も復習。

謙信はこの技術は初めて練習するのですが、基礎はサクサク習得。

佐伯さんも驚く上達の早さ。

ベントオーバーからのスタートはとても美しく来季の10秒台を予感させました。

目の前であっさりとスタートを決められ、「もう教えれる事は何もない、むしろお手本にするわ」と思いました。

やっぱり構えがしっかり出来るようにならんと。

謙信は背中のアーチがしっかり作れています。

私の背中はまっ平ら。むしろ猫背。

合同練習

三菱自工、鳥取ASとの合同練習でした。

メニューはシンプルに150*3を3セット。

短短、短長を分けずに行いました。

やはり100m10秒台の選手には置いていかれます。

50mまででついた差がゴールの差です。

やはり課題はスタートから加速区間。

速い選手と走って力んだのか春に捻挫した足首が痛くなり後半はアウトレーンを走らせてもらいました。

タイム的にはリラックスできた3セットが一番良かった。

走った後はノリで馬跳びを提案してみたけど、想像を遥かに超えるキツさでした。


今回印象に残ったのは鳥取ASの笹鹿選手。

立ち姿も歩き方もスッとしてきれいでした。

体格は華奢なほうですが軸がしっかりしている。

ハムが硬い

お歳暮の話ではなくて大腿二頭筋のハムです。

輔コーチは来れなくなったしまいましたが佐伯さんが来られていたので、スプリントドリルを一から教えてもらいました。

ドリルはひと通り出来ましたがベントオーバーから重心を移動させてのスタートはなかなか上手くいきませんでした。

そもそもバントオーバーの姿勢が上手くつくれない。

ハムストリングスが硬くて尻が後方に引けてしまいます。

徐々に改善していかないと。

いくらセンスがあっても(無いけど)必要な身体能力が備わっていなければ習得出来ない技術があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。