Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本マスターズ

仕事疲れと子育てで寝不足ではありますが、筋肉の状態は良好です。

アップを開始して絶好調之助だと感じました。

もう思惑どおりで「ぐへへ」と思いました。

しかし芝生で流していると、ふくらはぎに違和感・・・。

痛みではなく違和感。

攣る前兆の様な・・・しかしまだスパイクも履いていません。

あまり気にせずトラックを流したらピクッときました。

これは完全に攣る!と感じストップ。

休憩を挟んで慎重にアップするも少しスピードを上げるとピクピクしちゃ~うの~

イヤよ、イヤよと嘆いてみても一度痙攣が始まると簡単には治りません。

経験上、一度完全に攣ってしまうと終わりだとわかっていたので攣らない範囲でのアップしかありません。

1本1本休憩を挟んでスピードも距離も控えめの流し。

レースでもスピードを上げず、イーブンペースで走りきろうと決めました。

棄権も考えましたが、肉離れなどと違い痙攣なので危険度は低い。

いざとなったら止まればいいかなと。

エントリー料6000円もったいないし。

出ると決めたら気持ちも落ち着きました。

前半から突っ込んでいくレースは精神的にもキツイですが今日はイーブンペースだから気が楽です。

ライバルの金子さん(SM30の日本記録保持者)とも違う組でしたし今日の調子ではまず勝てないなと。

勝負も記録も気にせずに楽しく走れそうです。

スタートラインに立つ時には「やっとレースに帰ってこれたんだ」という嬉しい気持ちだけでした。

慎重にスタートしてバックストレートへ、アウトレーンの杉香さんが快調に飛ばして行くので追いかけます。

まだ痙攣はきません。

200m通過で時計が見え、23”~24"だったので「お、思ったより速いな」

コーナーに入り、いつもならリズムアップしますが「ま、今日はキープでいいかな」

コーナー出口あたりから疲労で動きが鈍ってきて「頑張れ~俺、でも力むな~」

ラスト50mで攣るも「わ~キター でもこれはたどり着ける!」

でゴール。各局面スリリングで十分楽しめましたし、走りきれてホッとしました。

一瞬間が空いて拍手と歓声が聞こえました。

タイムは49”97でSM30の日本新記録でした。

次の組に金子さんが控えていたので記録については特に思いませんでしたが、とにかく走りきれた事が嬉しくて「ぐへへ」となりました。

復活への第一歩です。

結局金子さんの記録が伸びず、私のが日本記録となりました。

IMG_5482.jpg

学生時代から一緒に走ってきた先輩方と表彰台に上がれて感慨深いものがありました。

理大を卒業して島根に戻った金子さんと同じレースに出たのは10年振り。

あの頃はまさか10年後にこうして一緒に走っているとは思いませんでしたので嬉しい限りです。
スポンサーサイト

イチかバチかでスタートダッシュ

今日は神崎で練習。

SDの確認だけ軽めに行なう予定でしたが、350mが非常に微妙な感じだったのでガッツリやりました。

スタブロからのダッシュ自体が1年以上ぶりでしたが、もうガンガンやりました。

これだけやると2日間はひどい筋肉痛で完全回復までには4日はかかるでしょう。

来週は仕事が忙しく、試合までは4日間の完全休養となりそうですから今日強い負荷をかけました。

上手くいけば超回復のピークで全日本マスターズです。

ダッシュを10本以上やったのでスタートの技術的な不安は無くなりました。

あとは身体が思った通りに回復してくれればOKです。

普通に調整してたら50秒台、この調整が上手くいけば絶好調之助で49秒台。

さあどっち!?

不安を残す350m

総社で中井くんと練習。

風強し。

今日は350mのT.Tを1本のみ。

全日本マスターズのリハーサルです。

先週の300m(34秒台)からすると42秒台は出せるだろうと考えていました。

前半が強い向かい風でしたが積極的に飛ばしていきました。

最後は完全に脚が止まってゴール。

タイムは43”4

風が強かったとはいえ、あれだけ出しきってこのタイム・・・。

42秒台が出ていれば400mでだいたい49秒台なので本番に向けて不安を残す結果となりました。

久々の200m

とりあえずスパイクの方向性は決まったのでスパイクでのスピード練習。

時間が無かったので50mぐらいのダッシュを数本。

最後にハードル練習を終えたMOTOくんと200mを1本。

200mを全力で走るのは本当に久しぶり。

スタートから全く差が縮まりませんでしたが、上手いこと引っ張られて22”7で走れました。

これでうっかりエントリーしてしまった全日本マスターズの200mも大丈夫でしょう。

300走って決めました

本日は岡山ACの合練でした。

鳥取ASのまえりょーくんが参加。

はるばる300mを走りに来たそうで。

私はとりあえずスパイクで350mのトライアルを行いました。

しっかり走れましたがタイムは43”4(先週シューズで出したタイムと変わらない)

やはりおかしい・・・。

走りやすいことは走りやすいのですが、スピードが低下してはスパイクの意味がありません。

試しにソールを外して元の中敷に戻して履いてみたら楽々スピードが出た。

確信しました。

ソールを入れたことで反発が弱くなっている。

守備力が増して攻撃力が下がってしまったようです。

ショック。

練習用には使えそうですが試合ではタイムが出そうにありません。

萎えているうちに300mが始まりそうでした。

私はスパイクを初期設定に戻し参戦。

300mのバトルは久々で緊張しました。

まえりょーくんがダッシュ練習を繰り返していましたがハッタリだろうと思い相手にせず。

やはりMOTOくんをマーク、最初の100mで5m差以内なら射程距離内です。

スタートするとまえりょーくんが猛ダッシュ。

ハッタリではなかった!やられました。

しかもMOTO君が反応しぐんぐん加速、謙信も続き私は4番手。

10m近い差が付いてしまい勝負ありでした。

コーナーの出口でまえりょーくんと謙信の位置取りを予測して大外から直線へ。

なんとか2位まで浮上しましたがMOTO君には完敗。

しかし34”5で走ったMOTOくんと35”1の謙信の間でゴールした私はおそらく34秒台。

このタイムは予想外の好結果でした。

身体のほうの調子は上がってきています。

スパイクはリスク覚悟で元のままで試合に出ることにしました。




履き心地良しも・・・

整形外科でスパイクに足底板を入れてもらった。

市販のではなくオーダーの一点ものです。

アキレス腱の痛みの原因として私の脛の骨が湾曲していることからくる脚の捻れ(knee in toe out)が考えられまして、その捻れが生じないように足底板で動きを矯正しようという試み。

何度も動きを確認しながら微調整し作成します。

既にアップシューズには装備済みで、すこぶる調子がいい。

アスファルトで坂ダッシュしてもダメージをアキレス腱が痛まなくなった。

同じ要領でスパイク用に作ってもらい装備しました。

足にジャストフィットし履き心地は最高。

昨日は足底板に使用した接着剤の香りでグロッキーになりながらも本日の練習が楽しみで仕方ありませんでした。

で、本日試してみたのですが・・・オモテタントチガウ。

非常に安定感が増して走りやすいのに、あんまりスピードが出てない。

ストライドが出ない・・・気がする。

しかし日曜日の練習のダメージが全然とれていないので私自身の出力不足かもしれない。

うーむという感じで競技場を後にした。

車内にはまだ接着剤の香りが漂っていた。

若手のおかげで

無事息子が産まれ、寝不足と筋肉痛(家内の腰をさすってただけで筋肉痛になってしまった)で神崎へ。

9月になったからといって急に涼しくなる訳はなく、一瞬だけ雨が降ったりするものだから蒸し暑く。

OGA-J、謙信と(200+150)を3セット。

1セットめの200は身体が重く25”1

2セットめは上手く走れて23”7

3セットめは疲労困憊だったので、とにかく1着とってやろうと後半勝負の作戦を立てていたら謙信が予想より早く仕掛けてきて追う展開に。

もう力みまくりで並んでゴール。

タイムは23”1

フォームはぐちゃぐちゃだったと思いますが、久々にトラックで全力疾走できました。

若手に力を引き出してもらいました。

あとは無駄な力を抜いていきます。

そして次からはいよいよスパイクを履いて練習します。

産まれました

9/1 15:35 長男誕生
IMG_5419.jpg

粟井でも金
小郷でも金
パパでも金・・・いや、筋(ゴリマッチョ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。