Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五県

二連覇を狙った中国五県のマイルでしたが、私はアキレス腱の痛みが酷くなり走ることができませんでした。

予選が終わった後、決勝に向けて再度アップを試みましたがジョグすらままならず。

キャプテンとして自分をメンバーから外す決断をしました。

結果は二位。

先頭とのタイム差は0.1秒でした。

メンバーの力走をスタンドから観て申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

負けたのは自分のせいだと思うこと自体、驕りなのかもしれませんが、「普通に走れていたら」「アキレス腱が痛くならなければ」とタラレバばかり考えてしまいます。

昨年のシーズンを怪我で終え、冬季練習で復活するもシーズン直前に背中を傷め、ようやく走れ出したらアキレス腱痛。

もう限界なのではと思えてきます。

同時に限界までやり切ったのかなとも。

もし今、私がプロ選手で戦力外通告を受けたなら納得して引退すると思います。

ただ、プロではないので終わりを決めるのは自分です。

今引退することは「諦め」であること。

いくら口で「やりきった」と言っても自分ではそれがわかります。

わかってしまいます。

諦めざるを得なくて引退する選手もいるでしょうし、諦めて引退することが悪いことだとも思いません。

後悔なく、納得して引退できる選手のほうが少ないでしょう。


ただ、もう一度みんなと走りたい。

バトンを継ぎたい。

この想いが確かにあります。


初めて真剣に引退を考えました。

秋には「あの時はマジで引退を考えたわ」って笑って言えるよう今まで以上に努力します。

スポンサーサイト

一年ぶりに鍼へ

今日はサブトラックが使えない代わりにメインが使用可能。

いつもよりテンションヌが上がりますが、もう強い練習はしません。

昨日コーナーで足首が上手く動かなかったのでそこだけ確認。

入念にストレッチし、若い衆の300×3に一本目だけ参加。

スパイクなしで軽く流しましたが、やはりコーナーがしっくりこない。

どうやら左の足首が硬まっているようです。アキレス腱の影響か。

その後、若い衆のタイムを2本とりました。

昨日300mトライアルで好走した謙信は今日は苦手な練習。

しかし今日はスタミナ不足を技術でカバーして最後の1本を獲りました。

普段ならジョグになるところを上手く踏ん張りました。

一時のスランプからは脱したようです。

私も加齢と怪我による練習不足によりスタミナの無い選手になりましたので彼へのアドバイスは即ち自分へのアドバイスです。

今日の彼の走りは自分の手本になります。

OGA-Jも背中の状態が良くなり好調。

練習後その背中を治した鍼に行きました。

アキレス腱痛に対する唯一の対抗策です。

背中にも打ってもらいました。

痛かったですが、痛みが緩和されました。

効く治療は痛いです。

身体にも、

そして財布にも。

最終刺激

サブグランドで五県前の最終トライアルをしました。

MOTOくんとの300mを予定したのですが、アキレス腱に不安あり。

二人で34秒台がだせれば申し分ないのですが。

300mはスタートから全開、トップスピードでコーナーに突っ込みますので400mのレースよりアキレス腱に負荷がかかります。

慎重にアップしていると400mの県チャンピオンである大地くんが登場。

MOTOくんの誘いで300mいくということになりました。

先日33”9で走破した大地君と走ればMOTO君の34秒台は間違いない。

私は安全策(といっても楽ではありませんが)で350mに。

一周向かい風のコンディションでしたが42”8とまずまずのタイム。

ただコーナーで左の足首の動きが悪かったので思った程乗り切れませんでした。

その後の300mは謙信も参加して3人ともスタートから全開。

大地くん、MOTOくん、謙信の順でフィニッシュ。

タイムは34”5 34”8 35”5

あとは微調整です。


代用

今日は450mのトライアルを予定していたのですが、疲れにより変更。

300×3 R=8’、5’

このメニューで450mと同じ刺激が入るように走りました。

最初の2本はスパイクなしで39”5、39”0

最後はスパイクを履いて38”5

上手く力を出し切れたのでレースに近いケツ割れになりました。

少しアキレス腱が痛いのが気になります。

残りました

しっかり残りましたダメージ。

あと仕事の疲れもありで身体は思うように動かず。

スパイクは履かずに300+200+100

スパイクなしでも軽く37”で走れます。

それは良いのですが、問題は本気で走ってどれだけ走れるかです。

回復が遅くなってきているので週に何度も全力疾走というわけにはいきません。

スパイク履かずに軽く走るなかでどれだけレースをイメージできるか。

うーむ。



2本

仕事が早く終わり19時前に競技場に到着。

練習の最後にMOTOくんと300走る約束をして、アップ開始。

やや疲れありですが、調子は良い。

まず一人で350mとトライアル。

42”8

ちょっと前半をゆったり入り過ぎてしまいましたが、その分後半はよく走れていました。

300mは回復が間に合いませんでしたが、気にせずスタート。

今日は前半離されましたが、ラスト100mやたら身体が動いて追いつき35”0でフィニッシュ。

アゴが上がってもミゾオチが開かないように走れるようになってきました。

先週よりもゴール後に余裕があり+150もかなり走れました。

が、走れてしまった故に400mのラストの練習にはならなかったので+120を追加。

今日は疲労が押し寄せて来ても最後まで身体を動かし切ることができました。

調子が良かったようです。

ここ数年、一回の練習でトライアルを2本やった記憶がありません。

反動が怖いです。

しかし乗り越えればちょっと若返りそうな気がしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。