Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bye for wisdom tooth

朝イチで親知らずを抜く。


今日は調子がイマイチ。

まぁ背中の怪我が完治したわけではないので絶好調になることはないのですが、バランスが悪い感じでした。

左の親知らずを抜いたことで右側が重くなってしまったのか?

とりあえず予定どおり今日は300m

3本

目標タイムは45” 42” 40”

とにかくしっかり走り切ることを意識して。

タイムは42” 39” 38”でした。

ラストの直線で脚の切り返しが遅れて腰が落ちてしまいます。

背中が上手く使えていない、もしくは背中が弱くなっている感じがします。

さすがにウエイトはまだできません(やればできるんだろうけど)ので別の方法で背中を強化していこうと思います。

課題は多いですがとにかく300m走れて良かった。

次は400m・・・ではなく500m

400mだと負荷がかかり過ぎるかもしれないので、ゆったりと500mを。

300mと500mがしっかり走れるようになれば400mが完成するでしょう。

旅立つ前に500mを1本走っておきたいです。



IMG_2644.jpg
出番まだ~?
スポンサーサイト

半分まできた

火曜ですが、競技場へ。

トラックにて100×5

200+200+200 r=200walk

痛みはかなり和らいできました。

もうJogならなんぼでも走れます(もしも私に体力があったならば)

スプリントになるとまだ痛いので全力疾走はまだ無理なようです。

しかし距離的には400mの半分まできました。

明日は300mまでいければ。

ENDO'S GENERATION

瞬間的に本家を超えるキレを見せます。


Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com

リンダ リンダ

本日は岡山サブに行ったメンバーから「※ファジ専だった」と連絡がありLINDA坂へ。

自転車を盛り漕ぎして行きました。

家からの助走を活かして一気にLINDA坂の頂上まで漕ぎ倒しました。

アップ十分というか吐き気が・・・

ストレッチしながら少し休んで坂ダッシュに合流。

50×2
70×2
100×2
200+100

坂の方が負荷が強そうですが、実際には衝撃が少ないので背中には優しいのです。

200+100は1ヶ月ぶりに乳酸に沈みました。

乳酸が出るとパタッと脚が止まりました。

今はそういう状態のようです。

乳酸が出たら終わりなので、どれだけ効率よく走れるかが鍵となります。

終わった後は昨日の願望どおり大の字でした。

幸せ。
(やはり変態かも)

※ファジアーノ岡山による専用使用

[広告] VPS

幸せなことだったんだと

岡山ドームのグランド(芝)で練習with MIAKING

二人とも本調子から程遠いので控えめに。

先週は痛みでJogを停止したが今日は苦しくて止まった。

進歩だ。

練習は100+100+100+100+100 r=walk

ブレーキをかけると痛い。

怪我をする前は流しながらフェンスに飛び込んでいたが、今の身体でそれをやるのは危険。

で、ブレーキをかけるのだが痛い。うぬぅ

今日はあまり調子が良くなかったが、苦しいと感じるまで走れたという点では良かった。

痛くて止まってしまうことに比べれば、苦しくて倒れることは幸せです。

まだそこまでは追い込めていませんが、苦しいと感じられるぐらい走れるってことは幸せだったんだと気付きました。

早くへたり込んだり大の字になったりしたいです。
(文章にすると自分は若干変態だなと思います)

古川塾

水曜ナイター練習で倉敷へ行くも誰もおらず独り。

かと思いきや、なんと古川さんが。

県実で4継に出るべく練習されていました。

久々に走りをチェックしてもらいました。

まだ背中が痛いため見せるのも申し訳ないような走りだったのですが。

背中を締める、骨盤を締める、膝を締める

このアドバイスが効きまして一気にスピードが戻りました。

身体が動きすぎて脇腹が裂けそうな感じがしました。

痛みが消えればこの感覚は使えると思いました。

放射されていた力が束ねられて、真っ直ぐ、より遠くまで届くようになった感覚です。

こういう背筋の使い方もあったのかと感動。

とにかく背筋を強くして体幹を固め、接地で潰れずバンバン弾んでいこうとしていたのですが(それはそれで良い感じではありましたが)全く別の感覚。

強さではなく使い方が大事なんですね。

それにしても古川塾は素晴らしす。

本日も的確でわかりやすいアドバイスを有難う御座いました。

今日の練習:
芝100×5
トラック150×5

予定よりたくさん走りました。

背中は大丈夫なようです。

感謝。

雨天により予定変更

雨だったので午前中は家で補強運動、午後から治療へ。

予想通り原因は脇腹にありました。

激痛に耐えました。

とりあえず筋肉の内出血は9割がた除去できた感じです。

帰って雨があがってていたので30分ほど自転車に乗りました。

前回まで負荷が右側に偏っていたのですが、特に意識しなくても左右均等に負荷がかかっています。

右の背中が硬縮して身体が右側に傾いていたのですが改善されたようです。

痛くて乗れなかったストレッチポールにも乗れるようになれました。

現在の戦闘力は界王拳0.6倍といったところでしょうか。

トノサマバッタと互角だった頃から比べれば、かなりの回復です。

3週間ぶりに

走りました。

競技場には行かず近くの広場へ。

JOGの2kmがえらく苦しかった。

体力の低下に愕然としましたが、よく考えると怪我をする前からこうでした。

つまり変化なし。

メイン練習は100m×10

タイムは15秒ぐらいだと思います。

身体はまだ痛みます。

でも安心したのは身体が弾んだということ。

一番失いたくない感覚が残っていたことが嬉しかったです。

明日起きてダメージが無ければまた走ります。

目標タイムは14.9




感謝。

そろそろ

仕事が忙しいので徹底して休んでいたのですが、なかなか背中は回復しませんでした。

その上だんだん骨盤が前傾し過ぎている感が出てきてました。

腰が入り過ぎた状態になり立ってるだけで疲れます。

腰を回してみたらすごく動きが悪くなっていました。

ちょっと大事にし過ぎたなと思い、骨盤を前後左右に動かす事から始めました。

バランスボールを使ってみたり「La La La La La La・・・」と歌いながら腰を回してみました。

まだまだ固いですが動きが出てきました。

すると急に背中が回復してきました。

走ってもあまり響きません。

腰が入り過ぎた状態で走るから背中に響くというのもあったみたいです。

筋肉の張りがとれてくると、痛みの範囲はさらに小さくなりました。

今痛いところが傷めていて痛い部位、痛みが消えたところは筋肉が張っていたところ。

痛みが残るのは右の背中ですが、原因は脇腹あたりのような気がしています。

できれば背中であってほしい(痛い治療も背中ならまだ耐えられる)

そろそろ走り始めます。





震災直後に安否確認のメールを送っていた茨城の友人からようやく返信がありました。

「電気最高!!」

とのこと。

安心しました。


MOTOくんのブログでも紹介されていましたが為末選手が頑張っています。

色々批判されたりもしていますが、真っ先に行動を起こし、今も次の手立てを考えています。

※ 為末大のチームチャレンジ「TEAM JAPAN」はこちら






チャリトレ

昨日に引き続き自転車による練習。

昨日スタート直後にグロッキーに追いやられた坂へ行きました。

一番重いギアで止まってしまうまで登る×10

歯を食いしばって登っても、降りる(レスト)のはあっという間です。

本日も苦行でしたが、走れないのでこのくらいの負荷は必要です。

IMG_2709.jpg
↑愛車

ちなみにこの靴は一目惚れの衝動買いで手に入れたオニツカタイガー。

ベージュの紐を黒に換えたら絶対カッコイイと思い黒い紐と一緒に購入。

そしたら靴の中に交換用の黒い紐が入ってました。

どなたか黒い靴紐が欲しい方いらっしゃいませんか?

神に祈る

一度は倉敷の競技場に行ったもののジョッグの衝撃が背中に響くので断念し帰宅。

自転車に乗り高松稲荷へ。

出発してすぐの山を迂回せずわざわざ登って行く。

想像以上にキツく吐き気がする。

後はゆっくり行こうと決めるが、気づくとペダルを踏み倒している自分がいた。

ジョッグもどんどんスピードが上がり長時間続けられない私は自転車に乗っても同じことが起きた。

自転車はもっと爽やかなものだと思っていたが苦行だった。


到着直後は脚がガクガクブルブルで吐き気もするのでしばし休憩。

IMG_2707.jpg

最近同級生と後輩に子どもが生まれたのでお守りを購入し、本殿の前で手を合わせてお祈り。

2人の子の健やかな成長と被災地の一日も早い復興を。

私の背中の事までは祈る気分にはなれなかった。

こちらは自分で治そう。

確かなこと

背中を傷めて12日経ちました。

最初は背中全体から腰まで痛かったのですが、徐々に痛みの範囲が狭くなってきています。

最後まで痛みが残るところ(もしくはそこに関連する筋肉)が爆心地です。

次回からGround Zeroを徹底的に責めます(治療するという意味ですが、この表現が適当かと)


最後に走ってから2週間経ちました。

シーズンインが迫ってきているのに焦りはあまりありません。

冬季練習での自信か、ただの開き直りか、それとも諦めか。

自分でもよく分かりません。

確かなことは私は本当にどうしようもなく走るのが好きみたいです。




大切なこと

背中を傷めた当日は動くこともままならず戦闘力はトノサマバッタぐらいにまで低下していました。

翌日はオオクワガタと互角レベル。

本日はチワワぐらいまで回復しました。

背中はまだ張っているので前屈みをすると突っ張ります。

衝撃が加わると背中に響くので走ることはできません。

AC合練でしたが今日はスタビとマネージャー業でした。

メイン練習は行き帰りの自転車ですね。

この自転車がなかなか内転筋に効くのであなどれません。



原因を考えていました。

慢心、油断

なかなか回復しなかったふくらはぎの肉離れが12月頃から急速に回復しました。

走れない時期から取り組んだウエイトトレーニングにより強化された体幹の力はスタミナ不足を補って余るほどでした。

予想以上に走れていました。

順調でした。

浮かれていたのだと思います。

走れるものだから体調は良いと思い込み、仕事でも身体に負荷をかけ、練習の無い日はケアを怠っていました。



感謝を忘れていました。

アキレス腱が痛かった頃、肉離れからの復帰を目指してもがいていた頃はとにかく「ありがとうございます」と心の中で呟いていました。

特定の誰かに向けてという訳ではありませんが(自分の身体、治療して下さった方々、支えてくれる周りの仲間に)

レースでも試合でも一本走り終える毎に「無事走りきれました、ありがとうございました」

いつから言わなくなった?

悲しくなった。

 

思い出させてくれてありがとうございました。

また走らせていただきます。

よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。