Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り納め2010

今年最後の練習は神崎緑地。

極寒。

300×5
スレッド走(15kg)60×10
補強
300×1

久々にソリを引いてみました。

坂とはまた違う負荷がかかります。

スタートからの加速で頭から突っ込む感じをつかみやすいです。

あと思いっきり力んでソリを引っ張ることでリラックスして走るときとの差を認識できます。

リラックスして走ることを意識し続けていると知らぬ間に力が入ってないといけない部分まで脱力していることがあるので、たまに思いっきり力んで走ります。

フォームも度外視してとにかく全力を出す。

そこから徐々に末端を脱力させていきます。

ソリを外した後の流しでは地面を押し過ぎの走りになりました。

負荷がなければそんなに押さなくても身体は進むんだなとわかりました。

前傾姿勢は作れているのでかなり加減して地面を押しても進みました。

スタートが苦手なので良い感覚をつかめました。

来年からこの練習を多用していこうと思います。


手押し車での階段上りは大分強くなりました。


今年の練習はこれで終わりです(というか今年が今日で終わり)

年内にここまで走れるようになったというのはうれしい誤算でした。

来年から本格的に冬季練習に入ります。

今年はアキレス腱痛、県選・五県のマイル制覇、肉離れと激動のシーズンでした。

アキレス腱痛になったことでフラットレースにはほとんど出場できませんでしたが、芝練習で得たものは大きかったです。

必ずしも練習で追い込まなければ400m走りきれないわけでもないんだという事がわかりました。

アキレス腱痛によるこの発見は私の選手生命を延ばすことに繋がるかもしれません。

出来ない練習が増えてきましたが、やり方を変えればどうとでもなりそうです。

まだまだこれから。

来年は今年以上の結果を狙っていきます。

今年も一緒に走ってくれたり支えてくださった皆々様、ありがとうございました。

良いお年を。
スポンサーサイト

気が付けば一周年

本日12/30で「ゴリマッチョへの道」は1周年を迎えました。

めんどくさがりの私が良く続けられたなと思います。

いつも閲覧して下さっている皆々様、誠に有難う御座います。

GM(ゴリマッチョ)になれるその日まで応援よろしくお願いします。

300×5×3

題名のとおり走りました。

形式は追い越し走(縦一列で走り最後尾が加速して先頭へたち、一番後ろに下がった人が加速して先頭へを繰り返しながら走る)

タイムは44”~47”ですがスピードを上げ下げするのでかなり体力を奪われます。

怪我で出遅れた私にはかなりキツイ練習でした。

基本的にはレースにおいてはペースの上げ下げなどしないほうがいいということがよくわかりました。

今日は敢えてスピードを変化させて追い込んだわけですが加速する時も強く蹴ろうとせず「結果的に強く蹴れた」を目指しました。

腕振りのタイミングや体幹の傾きを変化させたり、強く踏み込める位置に接地することを心掛けました。

とにかく私は速く走ろうと頑張ると駄目なので「結果的に速く走れた」を追求していきたいと思います。

努力感をあまり上げずにスピードだけ上げたい。

夏に芝で100mばかり走っていたときにスピードはほぼ最大まで出ているのに何本でも走れそうだなと思う日がありました。

走れているときはスピード感と努力感が一致しない(良い意味で)

そもそも400mはどんなに練習したって全力で走りきれる距離じゃないです。

歳も歳ですし、できればあんまり頑張らずに走りきりたいです。

本日の練習は後半はふくらはぎが攣るも何とか15本走りました。

色々技術的なことが試せて良い練習でした。

「結果的に体力もついた」かもしれません。

大将でお腹一杯食べて練習終了(家に帰るまでが遠足、食べ終わるまでが練習)

しかし鬼軍曹-Jはまだまだ帰らせてくれません。

再び競技場に戻り補強地獄。

あらゆるところが痙攣して練習終了。

帰宅して掃除しようとするも疲労困憊でなかなか作業が進まない・・・。

ようやく終わったところにハマーからの電話が。

「粟井さん、焼肉食べに行きましょう」

食べ終わるまでが練習です。

OGA-Jと三人で焼肉へ。

こんなに追い込んだ日に肉をガツガツ食うのは内臓的にどうなんだという議論は置いといて、私なりにたくさん食べました。

これで疲労が取れていれば万々歳です。

ありえないと思いますが。
IMG_2415[1]_convert_20110102163614
この火を見ていると眠くなるのは私だけですか?

神崎緑地の頂へ

なんぼにも疲れが取れず昨日はLEE先生のところへ。

復活した本日は午前中にウエイト。

スクワットは60kgから100kgまで10kg刻みで10回ずつ。

かなり慣れました。

まだ110kgでは重すぎるようです。

100kgが一番力が入る感じがします。


午後からは神崎緑地へ。

メディシンボール投げて補強して練習開始。

上り300×5
上り下り600×3
(下り80+上り80)×3 r=20”R=60”
上半身中心の補強
階段手押し車×2
階段ダッシュ×3


補強が効いたのか初めて階段手押し車で頂上まで登れました。

とはいえ上半身は弱いです。

というか筋力が弱い。

本日はウエイトの時にベンチプレス55kgを断念しました。

ただ色々補強運動をしてみてハンドバウンディングだけは得意だとわかりました。

まあこれは全身のバネが使えますし、体重の軽さも有利ですので上半身の強さとは言いがたいですね。

筋量が少なく出力が小さいがそれ故軽い私の身体。

そしてバネの強さ。

出力が小さくても運ぶべき身体が軽ければそれほど大きな力は要りません。

出力が小さいので力を逃がさないための筋力が必要です。

目指すべきマッチョ像がぼんやりと見えてきました。


LEE先生の治療がチャラになるほどの筋肉痛がきております。

スタジオ 貝*

結婚式のウエルカムボードを作ってくれた友人がボードを撮影したいとのことなので彼のスタジオへ。

IMG_2086[1]_convert_20101225121845
これです。結婚式、二次会にご参加頂いた皆様からご好評と苦情(新郎がかっこよすぎる)を頂いたこの絵です。

カンコースタジアムの近くのレトロなアパートの1室に彼のスタジオがあります。

IMG_2396[1]_convert_20101225112831
天気が良いので屋外で撮影。カメラを構えるスタジオ貝の主席デザインクリエイター

高校の同級生で高跳びの選手だった彼は、高3の夏に「もう勉強は嫌だ、俺は美大に行く」と言い出し周囲を驚かせた。※美大=美術大学 美作大学(当時女子大)ではない。

彼の絵の上手さは誰もが認めるところではあったが岡山県立岡山一宮高等学校は普通の進学校、いくらなんでも無茶だろうと思った。

しかし彼は一発で多摩美術大学に合格したのだった。


長身でひょうひょうとしている。

話し方や動作がまさに「ひょうひょうと」している。

自分が依頼された仕事をしているときはプロデザイナー

人の仕事を手伝っている時はアルバイト

仕事が無いときは無職

自分には3つの肩書きがあるんだと「ひょうひょうと」語っていた。


IMG_2402[1]_convert_20101225113205
廊下(昭和のかほり)
IMG_2404[1]_convert_20101225113553
スタジオ入り口(大きな靴)
IMG_2403[1]_convert_20101225113653
スタジオ貝(室内 企業秘密があるかもしれないので写真を加工)

「ウエルカムボードができるまで」的な冊子を作ってくれていた。
IMG_2408[1]_convert_20101225114951
ラフスケッチ
IMG_2407[2]_convert_20101225115435
下書き
IMG_2406[1]_convert_20101225115604
完成 
左「スウェン ア ゲイク オーシュ アイ アワ セニ」
ローマ語で「末永くお幸せに」という意味(笑)

IMG_2405[1]_convert_20101225115655
年が明ける前なのに年賀状をくれた。
手を虎に見立てた彼のセンスが光る一枚。
ん?・・・虎?・・・2010?
そういうところも含めて彼のセンスが好きです。
素敵な作品を作っていただいてメルシーございました。

久しぶりの連日練習

祝日の今日は神崎緑地で。

内容は日曜日と同じでした。

階段ダッシュが珍しく調子よくてMOTO君に肉薄できました。

階段での手押し車は前回と同じ。

どうしても一息で頂上まで登れません。

しんどさも変わらず、進歩は感じられず・・・。

手のひらが痛いという言い訳をさせないために作業用の皮手袋を用意してきたOGA-J。

もはやONI-J。

ヘロヘロで望んだ最後の600mは下りだした途端に脚が攣りましたが、良い感じで転げ落ちていけました。


怪我で強い練習をあまりしていなかった事、2日連続で練習したこと、アラサーである事。

この3つのケミストリーにより、今尋常じゃない筋肉痛。

いや、筋に苦痛。

ハードルを跳べた

水曜ナイター練習でした。

水曜はMOTO君とOGA-Jがハードルを使って練習します。

先月ご一緒しようとした時は痛くて跳べませんでしたが、本日は跳べました。

グッと踏み切っても痛みなし。

1歩ハードルのシャトルを3セットの後100mHを10本。

もちろんハイハードルではありませんが、かなり脚にきました。

しかし収穫がありました。

どうしても傷めた右脚に体重を乗せることに恐怖感があったのですが、ハードルで強く踏み切れたことでかなり払拭できました。

そして現時点での左右の筋力差をしっかり認識できました。

この日の締めは200×5 r=200walk

スタミナ、乳酸耐性はまったくなくなっていますので乳酸を感じ始めたら脚が止まるだろうなと思っていました。

26~27秒で5本いけました。

予想どおり3本目あたりから乳酸を感じ始めましたが予想に反してスピードは維持できました。

ばててくるとアゴが上がりピッチが低下し腕振りが乱れてきます。

意識してフォーム維持しようとしますが最初の走りを最後まで持続することはなかなかできません。

果たしてフォームを維持しようとすることが良いことなのか。

綺麗なフォームを維持しようとした4本目は明らかに力みが出ました。

5本目はアゴも上がりピッチの低下を感じましたが踏ん張りがききました。

見た目は乱れても手足のタイミングだけは合っていました。

ピッチが落ちてきたらそれに合わせてゆっくり、ストライドが狭くなってきたら腕振りも小さく。

ラストはこんな感じで走るとスピード低下を抑えられるような気がします。

必ずしも練習でケツを割らなきゃラストが強くならないことはないのでは・・・

そういう練習をしてれば自信に繋がることは確かですが。

なるべくならケツ割れなんかしたくないとういうのが本音です。

ケツ割れしない練習で400mを走りきる。

虫のよすぎる話ですかね?

ギブアンドテイク

一週間ぶりの練習は一週間前と同じ神崎緑地。

午前中のウエイトではスクワットが110kg挙がりました。

体力は無いけど走れそうな感じはありました。

前回のメンバーにMIAKINGとハマーを加え練習開始。

アップ代わりの300×5でえづく。

急傾坂30×5 60×4 120×3で脚にくる。

階段に移動し階段ダッシュ×5

階段が超苦手な私はコツを掴めたころに終了。

先週よりは走れてきたし、使いたい筋肉で登れました。

ここからが地獄。

手押し車で上まで登る×3

ちなみに私は一息で登頂できないので八合目で休憩が必要です。

一本目で腹筋痙攣するも鬼軍曹-Jは離脱を許しません。

先輩に練習を強要する後輩。

これがまかり通る岡山ACは良いチームです。

最後は上りから下りの600mで締め。

これは私がやりたい練習。

自分がやりたい練習を仲間が一緒にやってくれる代わりに、仲間がやりたい練習もガティでやらなければならない。

これがこの冬のルール。

ギブアンドテイク。

IMG_2370_convert_20101220224411.jpg
OGA-R
なでさせる代わりに噛みつく。

ギブアンドテイクドッグ。


先輩イジメ

水曜日の練習から三日休みました。

忙しかったのもありますし、様子を見ていました。

筋肉痛にはなりましたが、ふくらはぎには痛み無し。

もう走っても大丈夫そうです。

もちろん全力疾走はまだ無理ですが。

本日は神崎緑地で走りました。

メンバーはMOTO君、OGA-J、そしておっさんハードラーさんです。

メニュー
上り300×5
上り30×5
(上り70→下り70)+(上り70→下り70)×5
階段×3
階段で手押し車×2
上り300→下り300

たくさん走りました。

筋疲労はありますが、痛みは出ていません。

しっかりケアします。

ふくらはぎの故障の影響で加速力が弱くなっています。

地面を蹴らずに加速する術を身につけなければなりません。

トップスピードはさほど落ちていないように感じます。

ただ、走りの感覚は完全に変わってしまっています。

まぁ1ヶ月そこらで失われてしまう感覚など本物では無かったという事で、無理に思い出そうとせず新たな感覚を求めていきたいと思います。

本日は階段で鬼軍曹OGA-Jにしこたま苛められたので、早く完全復活して苛めてやりたいです。

量にめっぽう強いOGA-Jをどうやってはいつくばらせてやろうか。

考えるだけで楽しくなってきます。

とにかく走れて幸せ。

sunrise colors

IMG_2309_convert_20101209232355.jpg
朝焼けが綺麗だった。

スクワットが100kgで10回できた。

タイムは遅いけど400+300+200+100を走りきれた。

必ず復活できる、そう思えた。

反対側

肉離れした脹脛(ふくらはぎ)の内側の内出血は取り除けたのですが、なかなか治りが遅い。

それほど痛みはないのにうまく動かせない。

で、先日の治療で前脛骨筋の肉離れが発覚しました。

脛(すね)の外側、肉離れした場所のちょうど反対側になります。

これは肉離れした脹脛をかばいながら400m走ったことによる二次災害だと思います。

治療は予想通りの激痛でしたが希望が見えてきました。

大概の怪我は、その部分だけで終わらず周囲に影響を与えます。

同じように周囲もその部分に影響を与えるはずです。

前脛骨筋の肉離れを放置したままでは脹脛の肉離れの治りも遅かったでしょう。

これで復帰への時間が短縮されたのではないかと思います。


前にも書きましたが、走り切った事に後悔はしていません。

というか必ず復帰するわけですから後悔するような要素がありません。

後悔があるとすれば逆転を許して優勝出来なかったこと。

もう少し冷静に対応出来ていれば何とか守れたのではないかという思いはあります。

靴の中は職員室

水曜ナイター練習。

今日もメディシンボールかついで色々補強しました。

MOTO君、OGA-Jから背が高くなったと言われました。

成長期はとうの昔に終了しておりますので姿勢が良くなったということでしょう。

数本芝でゆっくり走ってみました。

バランスはかなり良いです。

脚さえ治ればという感じです。

ただやはり走っていると痛みが出てきます。

肉離れはふくらはぎの内側なのですが、痛みが出るのは外側。

無意識のうちに内側をかばって外側に負担がかかっているのでしょうか。

無理はできません。


あぁ思いっきり走りたいです。


走る以外に課題がたくさんあるので、かえって救いになってます。

そのほうがモチベーションを保てますから。


今日は置いていた靴にコーヒーをこぼされるというアクシデントがありました。

靴にコーヒー臭がしみ込んでおり、足元から香ってきます。

学校の職員室っぽい香りです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。