Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RUSH BALL

IMG_1288.jpg
行ってきました。

初の夏フェス。


IMG_1291.jpg
暑い・・・

後半のストレイテナーからトリのサカナクションまでは大好きなアーティストが続いて感動でした。

ストレイテナー
Dragon Ash
the HIATUS
BOON BOON SATELLITES
サカナクション

IMG_1294.jpg
日は落ちても、まだまだ続く。次はいよいよブンブンサテライツ。

IMG_1292.jpg
遂にラストアクトへ。トリを勤めるサカナクションを待ちます。


昨日走ったダメージはほとんどありませんでしたが、今日ので筋肉痛になることは間違いないでしょう。

身体は疲れましたが、明日から仕事も陸上も頑張れそうです。
スポンサーサイト

アクセルを踏まずに

ゴリマッチョ計画ということで、普段やってる腹筋背筋の強度を上げるから始めました。

細い幹から太い枝は生えません。

まずは体幹から。

今日は倉敷で練習しましたが、調子悪し。

今日は技術的な問題ではなく疲れている感じです。

水曜より疲れている。

まさか試合疲れが今になって出てきたのでしょうか。

走ってもアキレス腱は痛みませんが身体は重い。

今日は何ができるかなと考えていたら大学の後輩達が40秒間走×3×3をやるというので池Dと共に参加。

スパイクは履かずにやりました。

距離は260mから始まりましたので始めのほうは楽勝です。

本来なら乳酸系の練習ですが、有酸素系と技術練習という位置づけでやってみました。

とにかくアクセルを踏まずに走ることをテーマに。

体幹を鍛えたせいか今日はよく弾みました。(キレはないですが)

距離を5mづつ伸ばしていって275mまではアクセルを踏まなくても悠々到達できました。

280mで「ちょっと間に合わないかな」と思い、アクセルを踏んだら動きが変わってしまいました。

身体の中心から動いてうまく弾めていたのですが、何と言うか・・・末端を加速させてスピードを上げたような感じになってしましました。

ここに課題があるようです。

トップスピードが遅いのもこの辺に原因があるのかなと思います。

その後は中心の動きを加速させて末端に伝えるように意識して走りました。

おっ良い感じと思う瞬間もありましたが、最後の一本は力みまくりの乳酸出しまくりでした。

距離こそ300mを大きく超えましたが内容はテーマから外てしまいました。

しかし良いヒントになりました。

260mを40秒で走るぐらいの超低速から中心の動きを加速させてスピードを上げていく練習。

次からやってみたいと思います。

さて何だかんだで9本も走ってしまいましたが、アキレス腱の痛みは変化なしです。

ゆっくり走りましたし、最近は無理のないナチュラルな動きでやっていますので負担は少なかったのでしょう。

明日は合練ですが、所用で行けませんので脚はしっかり休ませます。

燃え尽きない

朝起きると腱太郎の痛みはほとんどありません。(つまむと痛いですが)

水曜日はナイター練習ですが、さすがに今週は無いかなと思いOGA-Jに確認を。

「今日は練習なさるか?」

「なさります」

ということで練習に行きました。

長いこと陸上をやってきましたが、燃え尽きたりしたことはありません。

走る事自体が好きなので目標がなくても走れます。

身体は華奢で短距離選手としての素質があるかどうかは疑問ですが、モチベーションが下がらない事は唯一の才能かもしれません。



競技場に着くとMOTO君もいるじゃありませんか。

好きなんですね、走るの。

私は筋肉痛が残っていましたが、流しを数本やっているうちに徐々に動き始めました。

この徐々に動き出していく感覚が好きです。

最初は手足がバラバラに動いていたのが、だんだん噛み合ってきてスピードが上がっていく。

無駄な力が抜けていって楽になっていく。

接地時間が短くなって身体が弾み始める。

芝で100×10、今日も楽しめました。

もう10本ぐらいやりたかったんですが、そこは我慢。

楽しく走れるのも腱太郎のおかげ。

大事にします。


ゴリマッチョ計画どうなってますか?

            IMG_1245.jpg

マイル優勝の余韻に浸ろうとビデオを見ました。

上の写真、私の腕の太さがバトンの太さに辛くも勝利した瞬間ですね~。




私・・・細っ!!

キム兄→中井君→MOTO君と、たくましいスプリンターが3人続いて最後いきなりヒョロヒョロのが走り出すから観ててガクッときました。

            IMG_1243.jpg

                      ↑↑マイルリレー表彰式
メンバーが足りないのでアンカー(右端)は長距離選手が走りました・・・みたいな。

ブログタイトルでもある「ゴリマッチョへの道」

まったく前進しておりません。(むしろ後退したか?)

見た目のたくましさ以上に彼ら3人と私の違いは耐久力です。

今回はキム兄と部屋・車が一緒でした。

彼は特にタフです。タフ兄です。

1日目に4継で100mを2本。2日目にマイル予選、個人200m、マイル決勝。

全て全力でのレースでしたが、最後のマイル決勝であの爆発力・・・。

国体予選では地獄のような合宿直後でもセカンドベストで走っています。

肉離れもやったことがないとのこと。

身体が頑丈なのです。

MOTO君も中井君も4継と個人種目をこなしていますし、MOTO君などは試合後は身体ボロボロと言ってますが数日後にはケロッとして練習しています。

回復力も私より高いように思えます。(まだ若いからってことで片付けてはいけない気がします)

筋力があるということは単に出力が高いということだけではなく、壊れにくさや治りやすさにも関係あるような感じです。

マイルメンバーの中で唯一マイルのみだった私、まだ少し筋肉痛です。




ゴリマッチョ計画再始動。

PHOTO by 芭蕉

晴れのち腫れ

今日も晴れて暑かったです。

腱太郎くんは少し腫れて肥大しております。

昨日よりは治まった感はありますが・・・。

MODE:Sのダメージでしょうか。

1日で2本走ったってのもあると思います。

痛みはそれほどでもありません。

朝起きた時と動き出す時に少し痛む程度です。

しっかりナデナデしてやります。

MODE:S

昨日あれだけ燃えていたのに朝起きると緊張で体が重い。

あいかわらずのチキン野郎です。

胃は固形物を受け付ける状態ではないので朝食はウィダーのみ。

身体を覚醒させる為にMOTO君オススメのレッド●ルを購入。

競技場に着いて飲みました。

なんか元気が出てきたと思った直後に嘔吐×2

レッド●ルがどうこうではなく私の過緊張によるものでしょう。

しかし吐いたことにより、すっかり目は覚めました。

アップの段階での動きは悪し(後で聞いた話だとOGA-J、謙信は「今日、粟井さんダメなんじゃない?」と話していたとか)

まあ試合の日のアップは調子悪いことが多いので気にしないようにしました。

県選初制覇から一気に中国地区制覇を狙うメンバーは・・・
1.キム兄
2.中井・M(ミキプルーン)・喜一
3.MOTO君
4.AWAWA

昨日400mで好走した北のエースまーくんは仕事の為に帰岡。

持ちタイムトップのまーくんを欠いた事は痛いですが、そこで大幅に戦力ダウンしないのが今年の岡山AC。

満を持して中井君を投入します。

予選は3分19秒台で通過。

トップでバトンをもらった私は硬いサーフェスに恐怖感を抱きつつも余裕を持って走れました。

あの走りでこのタイムならけっこう調子良いのかと思いましたが、このタイムは中井君が48秒台で激走したことによりもたらされたものであり、私のLAPは51秒・・・。

決勝は恐怖心に打ち勝たなければなりません。

アキレス腱は大丈夫、アキレス腱は大丈夫と自分に言い聞かせましたが不安は大きくなる一方なので、もう嫌になって昼寝しました。

起きると少し気分が落ち着いていました。

福岡から応援に来てくださったMOTOパパ(麦わら帽子に赤いシャツ:ルフィー??)が見守る中、決勝に向けてアップを開始。

朝よりはマシになってました。

緊張が襲ってきたら、OGA-Jや謙信と話してまぎらわせつつ良い状態にもっていけました。

トップで持ってきてくれると信じ、バックストレートの強い向かい風とアキレス腱の状態を考えて前半抑えて後半上げていく走りでいこうと決めました。

スタート前に名前をコールされる時には集中力が高まっていくのを感じました。

(9割がた吐いてしまったけど)レッ●ブルが効いたのかもしれません。

1走のキム兄が宣言どおり前半から激走しトップでバトンパス。

2走の中井君も前半から飛ばし最後まで持ちこたえて先頭を守りました。

3走MOTO君は大きな走りで後続を寄せ付けずホームストレートへ。

そこで少しだけ後続に詰められたのですが、正面から見ていた私は距離感が分かりづらく、かなり詰め寄られた様に見えました。

簡単には勝たせてくれないか・・・作戦変更です。

前半抑えて追いつかれると後半何が起こるかわかりません。

MODE:S(スギカ)で突き放す。そう決めました。

スタンドの杉香さんを見て、走ってくるMOTO君に視線を戻しました。

バトンをもらって一気に加速して向かい風のバックストレートを飛ばしました。

300でガス欠となりあとは根性のみ。

皆の声援に支えられて先頭を守りきりました。


3’16”31

県選のタイムを上回りました。

メンバーチェンジ、強風というコンディションの中での価値あるタイムだと思います。

そしてタイム以上に価値ある五県初制覇です。


メンバーの皆、大きな声援をくれた皆様、岡山から応援して下さった皆様、MOTOファミリーの皆様ありがとうございました。

アキレス腱痛でスタブロからスタートできない状態なのに表彰台の一番高い所に立てるのは皆様のおかげです。

いろんな方々に走らせてもらっています。

本当にシアワセです。

ありがとうございます。


今後はアキレス腱の治療を最優先でいきます。

けっこうギリギリのところでやってきましたので。

試合の予定はありません。

早く治ればシーズン終了までには出場するかもしれません。

岡山カーニバルのマイルではクラブ新記録が狙えると思うのでそれまでには・・・と思いますが。

まぁ今日の結果からして私抜きでもそれは達成できると思いますので焦らずやっていこうと思います。






広島ビックアーチなう

IMG_1221.jpg
中国五県選手権で広島ビックアーチに来てます。

私はマイルのみなので明日です。

MOTOくんが110mHで14”14の好記録で2位

北のエースまーくんが400mでIH2位の高校生を追い詰めて2位

4*100mRはクラブ記録に迫る記録で決勝に進出するも決勝はバトンミス。

この勢いと悔しさを持って明日爆発します。

ナチュラルに走って♪

倉敷にてバトンを持って350m走りました。

向かい風の前半を積極的に走り、後半耐えるという走り方でいきました。

タイムはとりませんでしたが良い感じだったと思います。

+100も浮くことなくしっかり地面と噛合ってました。

拇指球を意識せず、爪先の向きも気にしない。

でも力が逃げるような感じはありません。

脚は振り出すときは内側へ絞るような感じで出てきますが、振り下ろすときは外側へ開くような動きをしているように感じます。(振り出しと振り下ろしが逆回転?)

振り下ろすときの感覚が今までと違います。

最短距離で動いてないように思えるのですが、これが自然なのかもしれないのでこれで走ってみます。

とりあえず意識したり考えたりはやめます。

そういうのを一切やめたら頭が使っていた酸素が筋肉に回ってきますので、その点では後半強くなるかもしれません。

ありのままで

国体最終予選2日目。

アップ用に開放されたサブグランドで練習。

350mのトライアルを予定していましたが、アキレス腱が痛くなる前兆があったので中止しました。

腱太郎自身はまだ痛みを訴えてはいませんが、彼と仲良しの足底筋太郎や腓腹筋太郎、ヒラメ筋太郎の機嫌が良くありません。

彼らの機嫌を損ねると足裏とふくらはぎの両方から腱太郎を引っ張って苛めるのです。

AKBになってかなり時間が経つので、これ以上やったら痛くなるというのがわかってきました。

AKB上級者です。総選挙があったら上位にランクされるでしょう(嬉しくないですが)

早いとこ卒業したいです。

今日はAKBに加入してしまった原因と思われる動きの癖を発見しました。

歩いている時、正面のガラスに映った姿を見て気付いたのですが接地して拇指球に体重が乗る瞬間に膝が内側に倒れこんでいます。

左足の方がその傾向が強く出ています。

アキレス腱が痛いのも左ですから何か関係がありそうです。

何故そんな動きが出ているかを考えたのですが、拇指球に体重を乗せようという意識が強すぎるのではないかと思いました。

ずっと歩くときは拇指球を意識していましたので。

私は普通に立つ(膝は正面に向ける)と爪先は若干外に開いていますが、歩くときは爪先を真っ直ぐ前に向けているのです。

進行方向に向いているので良いような気がしますが、爪先を正面に向けると膝は内側を向いてしまします。

拇指球を意識し過ぎてこの様な不自然な歩き方になっていたのだと思います。

もちろん走る時もこの癖は出ているはずです。

膝が内側に向って倒れながら足先に体重が乗るという事は、拇指球辺りで地面をほじくる様な感じになっている気がします(膝を正面に向けて爪先立ちして、膝を内側へ捻ってみて下さい)

これは足首周辺にスゴイ負荷をかける動きです。

足裏の体重移動もおかしなことになっていると思います。

普通は踵→小指側→拇指球と抜けていくところが、踵→土踏まず→拇指球となっているような気がします。

選手のレベルは関係なくシューズの外側が磨り減っている人を良く見ますが、私のシューズは皆様と違い、外側に穴が開くことがありません。

私は外側(小指側)をうまく使えてない、本来体重が乗るべきところに乗っていないのでは?

やたら足底が張るのも不自然な体重移動のせいではないかと思います。

とりあえず拇指球を意識せず歩いてみました。

爪先は外を向くので少しがに股っぽく見えますが、歩いていて気持ち悪さはありません。

そして普通に拇指球に体重が乗っていきます。

明日はこの状態で走ってみます。

変に意識せず、ありのままの動きで。





水嵩が増す

国体最終予選1日目。

アップ場として開放されたサブグランドで練習。

昨日より調子が悪い感じでした。

水を張るはできているのですが、イマイチ乗らない。

MIAKINGから「膝と爪先が上がり過ぎている」とアドバイス。

どうやら今日は水を入れ過ぎているようです。

水嵩が増したので膝を必要以上に上げてしまい腰が抜け、高くなった水面をこすらないようリード脚の爪先を上げようとして末端に力が入る。

いかんいかん、あくまで浅瀬でなくてはいけません。

水を抜いて水位を下げようとしたのですが、今日は上手くいきませんでした。

メインの(200+250)r=50walk も動きはイマイチ。

エネルギー系の負荷は与えられたのでその点は良しとします。

明日、アキレス腱の調子をみて中国五県のリハーサル(350m)をやる予定です。

ライバルの引退

高校の陸上部の顧問だった先生の退職記念会がありました。

顧問は3人いらっしゃいまして私の高校時代のライバルは部内や他校の選手ではなく自分自身・・・でもなく、今回退職された顧問の先生でした。

練習環境の向上の尽力して下さったり、不調の時に助言を下さったりと温かい先生でした。

ただ物言いが少々つっけんどんな感じの先生だったので反抗期の私は素直にアドバイスを受け入れられなかったり、何かにつけて(学ランの襟にカラーを付けろとか、ズボンからシャツを出すなとか←しょうもない)衝突していました。

先生の温かさに気付いていなかったその頃のことを思い出すと大変恥ずかしくなります。

当時は好きか嫌いかで言えば、確実に嫌いでした。

嫌いでしたが、先生の存在は私の走る原動力の大きな部分を占めていたように思います。

3年時のインターハイが終わっても私は引退しませんでした。

リレーでは2・3年時にインターハイに出場しましたが、個人としては県レベルでも表彰台に上がったことはありませんでしたので、何としても個人種目で表彰台に上がりライバルである顧問に自分を認めさせなければ終われなかったのです。

今思えば怒られてばかりだったので、褒めてもらいたかったのだと思います。

最後の試合となる秋の高校選手権に懸けました。

初日の100mは5位、しかし翌日の200mは自信がありました。

予選を通過し、決勝の顔ぶれをみて3位になれる位置にいると思いました。

決勝で名前をコールされた時にスタンドにいる顧問の先生の位置を確認しました。

顧問は全員揃ってフィニッシュライン付近にいます。

燃えました。

スタートし100mを通過した時点で3位争い。

後半型の私にはまだまだ余力があり、後続の気配は感じませんでした。

しかし突然ふくらはぎに痙攣が起こりズルズルと後退、後続集団に捕まった所がフィニッシュラインでした。

4位だったか5位だったか6位?・・・思い出せません。

3位以内でなければ意味がありませんでした。

最悪のレースでスタンドの方をまともに見られませんでした。

恐る恐る目線だけスタンドに向けると2人は拍手を、ライバルは優しい表情でうなずいていました。

涙が溢れて慌てて引き上げた事を覚えています。



10年以上振りに再会した恩師(ライバル)はお年を召されたせいか随分雰囲気が変わったように感じました。

怒られてばかりだった私は挨拶するとき緊張したのですが、つっけんどんな感じはなくなり、丸くなったというか・・・。

ああ、あの日の、スタンドでの表情だ。

厳しい表情や言葉の奥にあったあの優しさ。

「まだ競技を続けとるみたいじゃな」

「はい、なんとか」

「うん、素晴しい、頑張って」

やった、ようやく褒められました。



リミッターを解除

サブで練習しました。

芝の流し、ダッシュはまぁまぁの調子。

スパイクを履いてトラックに出ると散々な調子。

技術がどうのこうのというより出力が上がらない。

春先にあった感じです。

カンコースタジアムのトラックは硬いので脚をかばって無意識のうちに力を抑えてしまうようです。

マイルのバトンゾーンから走るとリミッターは外れてスピードが出ました。

試合になれば走れると思います。

明日は国体予選ですがスタブロからのダッシュに耐えられない私は個人種目はまだ我慢です。

水を張る

何か風が強いと思ったら台風来てたんですね。

本日は20時に仕事が終了。

倉敷の競技場へ。

二部練のダメージはほとんど回復していません。

よって芝で走ることにしました。

芝生に水深15cmほど水を張って100mを10本走りました。

向かい風でもよく進みました。

腱太郎の状態も良かったのでスパイクを履きトラックへ。

トラックにも水を張って(150150+150)r=150walk

コーナー走でもこの感覚は使えました。

スパイクを履くと蹴り癖が出てくるのですが、そのときに浅瀬を上手くイメージできれば修正できました。

徐々に距離を伸ばしてトラック1周全てに水を張れるようにしたいです。

Rainbow

三菱自工の合宿に一日だけですが参加しました。

アップから浅瀬の感覚を試してみましたが、なかなか良いです。

左右の脚が交差する位置がいつもより前方に移動した感じです。

色々頭で考えながら走るより浅瀬を走るイメージがしっくりきました。

午前
SD30×2
 50×2(6”2)
加速走80×2(8”3)
   100×2(10”2)
200×1(22”6)

SDはスタンディングでしかできませんでしたが、久々にスパイクでダッシュしました。

若干恐怖感があるのか加速走は思ったほどタイムが出ませんでしたが200は競ったおかげか強い向かい風でもそこそこのタイムが出ました。

午後
(300+300)×2(38”+39”)
       (39”+40”)

1セットめは浅瀬を走る感覚でスーっと走れましたので最後まできっちりいけました。

2セットめの最後は動かなくなってしまいましたが何とかこなせました。

走り終わったら綺麗な虹が出ていました。
IMG_1100.jpg


写真には綺麗に写らなかったのでコチラをどうぞ。
       ↓↓↓
ハイブリッドレインボウ(Bump of chickenによるcover)
♪きっとまだ限界なんてこんなもんじゃない♪

浅瀬でお宝発見!?

会社の行事で海に行きました。

かなり引潮であまり泳げない状態だったので同僚のお子様と浅瀬で遊びました。

遠くで遊んでいた子が泣き出したので駆け寄った瞬間、その瞬間の走りが予想と大きく違い驚きました。

もう子供のことよりそっちの方が気になりました。

とりあえず子供を親の元へ連れて行き・・・もう一回走ってみました。

水深15cmぐらいの浅瀬で、反発もなく水の抵抗もあるわけですからそんなに速く走れるはすはないのですが、私の身体は予想以上の速度で移動しました。

スピードが出る要因は脚の軌道のように思えました。

脚を前に運ぶときの踵の位置が高い。

私の走りは足を低く振り出すような走り(膝が折りたためてない)になりがちなのですが、その欠点が改善されています。

低く振り出すと水面に当たってしまうので無意識に切り返し動作が高い位置で行えます。

ミニハードルを置いて走る時とと似た感覚です。

ただしこちらはストライドを制限されることもなく、ハードルを引っ掛けることもないので思い切って走ることができます。

思わぬ練習法を見つけてしまったので残り時間はずっと走っていたかったのですが、さすがにそうもいかず1本だけの練習でしたが、この感覚は使えると思うので早速明日試してみます。

苦手な前捌きが上手くなるんじゃないかと期待してます。



モーニンググローリー

大層なタイトルをつけましたが内容はというと・・・

朝起きての一歩めでアキレス腱が痛まなかったということ。

一日のうちで一番痛い一歩なので、もう無意識に朝は慎重に歩いてしまいます。

痛いのが当たり前だったので、痛まないと「あれ?」って感じで逆に違和感がありました。

昨日の練習内容からすると、相当の痛みを覚悟していましたので。

朝アキレス腱が痛まないなんて感動的で思わず大げさなタイトル(Morning Glory=朝の栄光)をつけてしましました。

筋肉痛も予想に反してさほどありません。

腹筋・背筋(とういか身体の奥のほう)内転筋、臀部・・・このあたりが疲労しています。

痛いとういより、だるい・重いといった感じです。

ハム太郎はほとんど筋肉痛になっていません。

脚だけで走らず、全身で協力して走れたということなのでしょうか。

なんにせよAKB(アキレス腱ぼっけぇ痛い)にならなくて良かったです。

このまま治っていってくれれば・・・。


余談ですがMorning Gloryとは「アサガオ」を意味するようです。

もうひとつ、朝方を中心に現れる、巨大なロール状の雲の帯のことをモーニング・グローリー(Morning Glory Cloud)と呼ぶそうです。モーニング・グローリーの雲は高度1~2kmにでき長さは最大1,000kmに達し、最大で60km/hに達する速いスピードで移動する(Wikipediaより)
MorningGloryCloud.jpg
アキレス腱の痛みがどうのこうのということより遥かに感動的な自然現象です。
MorningGloryCloudBurketownFromPlane.jpg

18時ダッシュは失敗も芝ダッシュは成功

フライングするといっても退社時間ではなく出社時間の話です。

定時の18時で帰れるように7時に出社しまして頑張りました。

で、結局終わったのは20時だったので練習時間は十分ではありませんでしたがフライングしてなければ練習すらできないところだったので正解でした。

今日はアップ中ほとんど腱太郎が痛みを訴えなかったので久々にスピード練習をやりました。

芝ですが、本当に久々の全力疾走を試みました。

アキレス腱の痛みはなかったのですが走り方(特に出だし)はアキレス腱をかばっていた時の癖がついてしまっていました。

これを修正すると動きにキレが出てきました。

とても速く動いているのですが、感覚としては絶好調の時と少し違う。

見ていたOGA-Jも同じ意見でした。

「もう少しフワフワ感があったほうが・・・」

意味が解らないかと思いますが、彼の言いたい事は理解できました。

少し動きに余裕というか遊びを持たせてみるとピッチは多少低下しましたが、ストライドが広がりはじめました。

広がりすぎて身体の中心が手脚に引きずられて行くような感じがあったので、中心をしっかり固めて体幹で手脚を動かす様にした時に絶好調時の感覚になりました。

脚は素早く切り返せているけど空中では余裕があるような感じです。

この前の試合では全く出せなかった感覚。

常にこの走りが出せるようにしておかなければなりません。

反復練習あるのみです。

久々の全力疾走により明日は筋肉痛が予想されます。

筋肉痛は構いません。

腱太郎・・・君さえ無事でいてくれたら。




迷ったら行く

今日は20時半に仕事終了。

玉野でパワーマックスの予定でしたが、玉野到着は21時過ぎになりそうです。

どうするか・・・

レースから2日目なので今日までは腱太郎を休ませてあげたい。

五県まで時間が無いので練習は必要。

つまりパワマしかないのです。

幸い22時まで使用可能です。

しかし仕事疲れもあり「今日は帰ろうぜ」と囁く悪魔AWAWA。

「ではスナッチの人かMOJAーJに連絡して練習してたら行きましょう」と天使AWAWA。

迷いましたが、悪魔も天使もブッ飛ばして連絡せず行くという結論に。

もし連絡して誰も練習してなかったらやる気が完全に無くなりそうだったので。

今日できる練習はパワマ。今日すべき練習はパワマ。1にパワマ、2にパワマ・・・

で21時過ぎに到着。

もう誰もいません。

今日は回転維持ではなく全力漕ぎ20秒を90秒レストで4回。

前回は生まれたてで骨折した子鹿状態になりましたが、本日は・・・

死産でした。

職員さんが施錠しに来るまで死んでました。

わざわざ玉野まで行った価値はありました。

明日は走ります。

18時に仕事が終われば最高です。

そのために明日はフライングします。



脚ガクガクで賛美歌を聞く

朝起きてアキレス腱の痛みはあまりありません。

いつものとおり最初の数歩は痛かったですが。

とりあえず1つめの条件をクリア。

会場につくとスウェーデンリレーを正式な距離で行うべく準備がされていました。

迅速な対応して下さった役員の皆様、本当に感謝いたします。

2つめの条件をクリア。

MOTOくんは100mで予選から10秒台の快走。

キム兄も10秒台・・・の勢いがありましたが最後少し力みが出て惜しくも届かず。しかし好調。

今季好調のLEE先生はスタートを改良しさらなる加速が期待できます。

問題の私は練習不足から後半に不安が・・・。

滞りなく進行し、時間通りレースが始まりまそうです。

これで3つめの条件をクリア。

あとは大会新で優勝し、結婚式へまっしぐらです。

大会新を狙うメンバー
1走(100m)LEE先生
2走(200m)キム兄
3走(300m)MOTO君
4走(400m)AWAWA

昼過ぎから風が強くなり、1周ほぼ向かい風状態となってしましましたが、正式な距離になったこと、去年より充実したメンバーになったことで可能性はあると思われました。

しかし始まってみると思った以上の強風で皆なかなか前に進みません。

私もバックストレートこそ上手く走れましたが200~300のコーナーの強風でジワジワと体力を奪われ、ホームストレートに入ってからの向かい風を突き抜ける体力は残っていませんでした。

惜しくも大会記録に届かず天を仰ぎ、悔しがる暇も無くシャワールームに直行。

身体を瞬間冷却した後、スーツに着替えリレーメンバーと記念撮影(写真はリンクのMOTO君のブログに)→同僚の結婚式へ向かったのでありました。

100人近い盛大な式でしたが、血中乳酸値は私がダントツ1位だったことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。